生命保険

保険は誰から入るか

この記事では、生保の募集チャネルとしての直販営業社員と募集代理店について説明していきたいと思います。

まず、生保の募集チャネルとは、加入者にとっての生命保険加入の際の窓口となる方のことをいいます。

一般の方がすぐにイメージしやすいのが、いわゆるセールスレディーと言われる生命保険会社の直販営業社員です。

しかし、生保の募集チャネルはこのような直販営業社員だけに限りません。

この他に大手生命保険会社の自前の代理店、保険会社の販売社員出身者が会社を作っている独立代理店などの募集代理店、通販や銀行の窓販なども生保の募集チャネルとして重要性が増して来ています。

どちらが良いのかは一概には言えません。セールスレディーと言われる生命保険会社の直販営業社員方は短期で退職する方も多く経験や知識が未熟な方もいらっしゃいます。

しかし、最近の生命保険会社は新人の採用を控え、新人の教育に力を入れているところもあります。募集代理店はもちろんそれを業として営んでいるわけですから知識・経験が豊富な方が多いのも事実です。しかし、損保系の代理店であれば実は生命保険の知識があまりないという方も少数ですがいらっしゃいます。

やはり加入する際には、直販営業社員であれ募集代理店であれ、加入者の方もあらかじめ情報を得てから加入されるのが良いと思います。



TOP PAGE